妊娠中・授乳中に飲んで大丈夫?

えん麦のちからは毎日の健康のためにも、とても嬉しい効果を得ることができますが、どんな人でも飲んでいいのでしょうか。

 

特に、妊娠中・授乳中の女性は飲んでも良いのか気になりますよね。

 

えん麦のちからは、妊娠中や授乳中の女性が飲みたい場合には、一旦かかりつけの医師や薬剤師に相談をすることが奨められています。

 

 

特に妊娠中の場合は、便秘状態が深刻になります。

 

するとやはり食物繊維を効率よく補給できるえん麦のちからを飲みたくなりますが、それが赤ちゃんに悪い影響を及ぼしてしまうこともあるんです。

 

食物繊維をたっぷりとると、腸の動きがよくなります。

 

普通の人であればそれはそれは嬉しいことなのですが、妊娠中の女性の場合は腸が動くことで子宮を刺激してしまう可能性があるのです。

 

もちろん妊娠中に便秘薬を飲むのもNGですが、同じくらい繊維の摂り過ぎからくる影響も考えておかなければならないのです。

 

これと同じで、出産後、授乳期にも便秘が酷くなる女性は多いんです。

 

内臓を支える筋肉が衰えていたり、出産後の体の回復にエネルギーが使われて、老廃物の排出が遅くなってしまいます。

 

ポッコリお腹に悩む女性が多いのはそのせいなんですね。

 

ですが、授乳期こそお母さんが口にするものには気を遣わなければなりません。

 

食べたものがそのまま赤ちゃんの体に入ると考えると、麦でのアレルギーなどの可能性もあるのです。

 

 

えん麦のちからは体に良いことはその通りなのですが、飲む人・時期などによっては飲むのを止めた方が良いということを覚えておきたいですね。

 

ただし、医師や薬剤師に相談したうえで飲んでも良いと判断されればOKなので、個人的に判断せずに専門家の指示をしっかりと聞くようにしましょう。

 

また、出産後・授乳期も過ぎて産後ダイエットに時間を使う余裕ができたなら、えん麦のちからはとっても効果的です。

 

キレイなお母さんでいるためのサポートアイテムとして活用していきましょう。

 

⇒えん麦のちからの公式サイトはこちら

 

 

関連ページ

えん麦のちからでダイエット?その効果とは
えん麦のちからはダイエットにも良い効果があると言われていますが、ダイエット効果の理由は何なのでしょうか。えん麦のちからの成分などから詳しくご紹介しています。
飽きの来ない飲み方とは?オススメはコレ!
えん麦のちからのおいしい飲み方をご紹介しています。えん麦のちからを飽きずに続けていくおススメの飲み方なので、しっかり覚えておきたいですね。
その実力はいかに?口コミをチェック
えん麦のちからを実際に飲んでいる方からの口コミをご紹介しています。えん麦のちからの効果や味など、口コミを参考にしていきましょう。